‘タンロン’ 活動実績

タンロン2008年2期スタート

08.09.16第2期簿記講座(レベルⅠ、レベルⅡ)がスタートしました。

タンロン2008年1期終了

08.08.26

第1期簿記講座(レベルⅡ)が終了しました。

 

第1期の卒業生はご覧の4名です。日本に留学された方が2名参加されています。受講生の日本語能力が高かったので、講師はハノイで簿記の授業をやっていることを忘れてしまい、日本の教室がそのままベトナムに空間移動したようなときもありました。しかし、全体を通しては日本語の、日本人講師による、ベトナム人のための簿記講義が展開されました。このことは、歴史的事実として、将来、ベトナム経済史の1ページを飾る時がきっと来るでしょう。

■ 受講生からのコメント

NGUYEN THI TAM さん

このクラスは私にとって役に立つと思っています。その理由は3つがあります。一つ目は、ベトナム大学で勉強された方法と比べると、日本人の先生が熱心で、生活のなかの例を使ってすごく分かりやすく教えてくれました。そのおかげで、長く覚えることができると思います。二つ目は、経理に関係する日本語の言葉をよく知ることができます。その知識を使って、仕事で日本人とのコミュニケーションに役立つと言えます。さらに、荒井先生の教え方法がとして面白いから、日本語が少し分かるだけでも、経理がぜんぜん知らなくても、分かることができます。三つ目は、私はベトナム人として、はじめてベトナムの経理専門学校で勉強できたことを「誇り」に思っています。
このような日本人の先生に教えてもらうという機会を与えてくれたことに感謝しております。さらに、上級の勉強もしたいので、長く続けてください。

初回講義

08.05.13
第1期簿記講座(レベルⅠ)の初回授業(オリエンンテーション)を行いました。

写真は、タンロン工業団地テクノセンターでのオリエンテーション風景です。男性がレー・クァン・ダオさん、女性がグエン・ティー・タムさん。所用でオリエンテ-ションに参加できなかったグェン・ティ・ミン・グェトさん、合計3名が記念すべき第1期生です。皆さん日本語が堪能で、軽快なタッチで授業を始めることが出来ました。

 

タンロン工業団地 ベトナム簿記学校 開校式

08.05.13
タンロン工業団地にて開校式を行いました。

ベトナム簿記普及推進協議会の開校式を行いました。当協議会の理事長、顧問、講師の他、タンロン工業団地白石社長をはじめ現地企業の方々にもご参加頂きました。
写真(上)は大武理事長の挨拶、写真(下)はクック顧問の挨拶の様子です。

Newer Entries »
Copyright(c) 2011 ABPV All Rights Reserved.